今月のピックアップ

平成30年2月号

梅の香に誘われて

中国との交易が盛んだった奈良時代。花といえば桜ではなく、梅のことをさしていた。歌に詠まれる梅は、見て楽しむだけでなく、五感を刺激する。