今月のピックアップ

平成28年12月号

特集「癒しの“湯”」

お風呂は、仏教の伝来とともに伝わり、寺院では「体を洗い清める」業として浴室が造られ、庶民に入浴を施した。
奈良には古来より続く様々な湯が現存している。