お知らせ

2018.03.14

『月刊奈良』 4月号から 新しい読み物が増えます。

「記紀の風景」が「古事記の風景」に戻って、現代語訳と解説がつきます。

学研から発刊されている『古事記ー現代語訳』竹田恒泰著を転載させていただくことになりました。時々竹田先生のコメントも入ります。 お楽しみに♡

 

「斉明女帝と狂心渠」青垣出版 靏井忠義著 も転載いたします。斉明女帝という方は本当に異常な気質の持ち主だったのであろうか、謗られてはいるが本当は国際化をめざし邁進していたのではなかろうか、そんな女帝の意図したものを読み解く内容です。

前のページに戻る