なら・見聞・ガイド

2015年度 2016年度 2017年度

2015年9月のイベント

  1. 国際現代アート展なら2015後期特別展 「百花繚乱~中国リアリズムの煌めき~」

    期間:
    開催中~9月23日(水・祝) 休館/月曜日
    場所:
    奈良県立美術館
    中国政府主催の「全国美術展」受賞優秀作品76点を展示紹介。2メートルを超える大画面に雄大な自然、都市空間、人々の暮らしなどを圧倒的な描写力で描いた『驚異のリアリズム』作品は注目。
  2. 奈良県立民俗博物館 「みんぱく ひょうたん展」

    期間:
    9月6日(日)~27日(日)
    場所:
    奈良県立民俗博物館玄関ホール
    休館日/毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は次の平日)

    内容/「みんぱく ひょうたん会」メンバーが置物として製作した「ひょうたん」を展示。
    ひょうたん工作教室/9/20(日)(要事前申込み、費用別途必要)
  3. 公益財団法人 喜多美術館 “桟敷 一寿美展” ≪始原に立ち会う 2015≫

    期間:
    9月4日(金)~11月1日(日)
    場所:
    喜多美術館
    休館日/ 月・木曜日(祝日の時は翌日)

    内容/人間の生命、即宇宙と捉え、生命の無限の可能性をネパールのロクタ紙に表現。
  4. 第239回トーク・サンコーカン「近鉄天理線 開業100年の歩みをたどる」

    期間:
    9月19日(土)
    場所:
    天理大学附属天理参考館 研修室
    休館日/火曜日(祝日の場合は翌日) ※ただし天理教教会本部行事期間(毎月25日~27日)は開館。

    内容/乗車券や関連資料から天理線100年の歩みを振り返る。
  5. 特別企画展 「中世の人と美術」

    期間:
    開催中~10月4日(日)
    場所:
    大和文華館
    休館日/月曜日(但し月曜日が祝日となる場合は開館し、次の平日を休館といたします)

    内容/激動の日本の中世を生きた人々の息吹を感じる当館所蔵の絵画・書蹟に加え、特別出陳作品を展示し、中世の人々の美意識に迫る。
  6. 公益財団法人中野美術館 秋季展「近代の文人画」

    期間:
    9月11日(金)~10月12日(月・祝)前期
    場所:
    中野美術館
    休館日/毎週月曜日【但し月曜祝日は開館し、翌平日休館】
    開館時間 /午前10時~午後4時

    内容/本展は、「近代の文人画」をテーマに、館蔵品の中から
    前後期合わせて21点紹介。
    <前期出品作品>
    富岡鉄斎「分泉煎月之図」  冨田溪仙「花の吉野山」   
    村上華岳「米法山濤」      岸田劉生「童子喜戯図」
    須田国太郎「黒馬」      梅原龍三郎「桜島」
  7. 奈良国立博物館 開館120年記念特別展「白鳳」

    期間:
    開催中~9月23日(水・祝)
    場所:
    奈良国立博物館
    休館日/月曜日(8月10日(月)、9月21日(月・祝)は開館)

    内容/奈良国立博物館開館120年を記念し、仏教美術の専門館として長年にわたり構想を温めてきた白鳳美術を取り上げる。金銅仏に代表される瑞々しく若さあふれる白鳳仏と、白鳳期の瓦や堂宇(どうう)の壁面を飾っていたと思われる塼仏(せんぶつ)などの古遺物を展示解説する。会期中展示替えあり。
  8. 本画・下絵・素描 上村松園・松篁・淳之「創造のひ・み・つ」展 ~日本画の材料と技法~

    期間:
    開催中~9月23日(水・祝)
    場所:
    松伯美術館
    時間/10:00~17:00         
    休館/月曜日(祝日となるときは、次の平日)

    内容/残された素描や下絵などから一枚の本画が完成するまでに、非常にたくさんの時間が費やされていることがわかる展示。日本画の材料や技法についても詳しく説明

  9. ライトアッププロムナード・なら2015

    期間:
    開催中~2015年9月27日(日)19:00~22:00(予定)
    場所:
    奈良公園とその周辺
    URL2:http://nara-park.com/
  10. 万葉の明日香路に月を観る会 南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館

    期間:
    9月26日(土)
    場所:
    犬養養万葉記念館 
    内容/午前中は甘樫丘までウオーク、現地で万葉歌碑の説明を受ける。午後は犬養万葉記念館にて、八雲琴と飛鳥太鼓の演奏、観月等。
  11. シェフェスタ in 奈良

    期間:
    9月18日(金)~9月27日(日)
    場所:
    奈良公園登大路園地・馬見丘陵公園
    内容/大型キッチンカー登場、奈良の地域食材×シェフが手掛ける郷土料理、奈良県のレストランが集結する青空キッチン
    「旅する料理」 〜奈良の地域食材と世界の郷土料理〜
    1.シェフズキッチン(奈良会場:期間中毎日開催、馬見会場:土日祝の週末のみ) 
    日替わりで登場するシェフによる、奈良食材を使用したオリジナル料理を用意。
    2.青空キッチン(期間中毎日開催 ※両会場とも)
    奈良県内のレストランがカフェごはんを提供。
    3.青空ピッツァ(期間中毎日開催 ※両会場とも)
    青空の下、石窯で焼き上げる熱々ピッツァが登場。県内外の人気ピッツェリアが出演。
    4.マルシェ(奈良会場:期間中毎日開催、馬見会場:土日祝の週末のみ)
    生産者との会話も楽しいマルシェを開催!野菜やパン、クラフトなど、奈良で話題のお店が20店舗ほど集結。
    5. パンとお菓子のマルシェ(馬見会場のみ、期間中毎日開催)
    こだわりの果物や牛乳など、奈良食材を使用した人気のお店が毎日集まります。
    6.シェフェスタ屋台(奈良会場:最終の金土日、馬見会場:土日祝の毎週末)
    毎年大好評の「シェフや生産者の屋台」。500円前後のカジュアルなメニューがたくさん。
    7.「食」のワークショップ(奈良会場のみ19日~23日の5日間)
    ピッツァのばし体験や大和茶のおいしい淹れ方など、食育の一貫として親子で体験できる「食」のワークショップを開催。






  12. 曽爾高原山灯り

    期間:
    9月12日(土)~11月23日(月・祝)
    場所:
    曽爾高原
    内容/秋に一斉に穂を出したススキが曽爾高原を覆う姿は圧巻。平成の名水百選に選定された「曽爾高原湧水群」の源でもあるお亀池周辺で、日没より200個の灯籠が飾られ、曽爾高原の夕景から幻想的な山灯り、満点の星空が楽しめる。
  13. 『GURURI』/奈良文化施設周遊パス

    期間:
    9月1日(火)~11月30日(月)
    場所:
    奈良県内
    有効期限/平成27年11月30日(月)

    対象施設/①県立美術館 ②吉城園 ③入江泰吉記念奈良市写真美術館
         ④入江泰吉旧居 ⑤奈良市杉岡華邨書道美術館

    販売場所/各対象施設

  14. 『県立ミュージアムたびたびパスポート』

    期間:
    9月1日(火)~
    場所:
    奈良県内
    有効期限/購入日~1年間

    対象施設/①県立美術館(奈良市) ②万葉美術館(明日香村)
          ③民族博物館(大和郡山市)④橿原考古学研究所附属博物館(橿原市)

    販売場所/各対象施設